講師について

このエントリーをはてなブックマークに追加

講師のプロフィール及び経歴、活動

氏名:石坂 育仁
   中小企業診断士(経済産業大臣登録)
   立命館大学経済学部卒業。小樽商科大学大学院在学中。

 商事会社での営業経験を活かし、経営戦略・戦術の立案・導入、
組織のコミュニケーションを活性化することにより、中小企業支援を行っています。

趣味:マラソン、山登り、カメラ(今年より始めました(^^))などなど。

マインドマップとの出逢い

はじめまして、石坂育仁です。
 中小企業診断士として、経営コンサルタントを行うとともに、講師、講演や企業研修、
そしてこのマインドマップ及び呼吸法のインストラクターが私の主な活動です。

 私のマインドマップ歴を簡単に紹介します。

 2008年からマインドマップを使っています。 私にとって、マインドマップは
2度の大きな出会いがありました。
 一度目の出逢いは、マインドマップというスキル(ノート術)との出会いです。
2008年にマインドマップをはじめて知りました。ノート術としての利用しかしていなかったため、
あくまでも整理方法の一種でした。もちろん、記録としての利用において非常に有効ではありましたが、
積極的に周りの人に伝えたいと思うほどの凄さを感じていませんでした。

 二度目の出逢いは、2011年に改めて「何か本当に自分が好きなことをやりたい!」
とふと思ッた時に、目に入ったマインドマップ講座のチラシでした。良く覚えていないのですが、
確かキャッチコピーが「自分発見!自分のハンドルは誰のもの?」の「自分のハンドル」に
惹かれ2日間の講座を受講しました。
(一度、勉強したけど「自分発見」という使い方は出来ていないなーと受講を決意)

 この出逢いから、自分の好き嫌い、強みや弱みをマインドマップで整理することで、
自分の自身のことを本当によく知るきっかけとなりました。
そして、自分自身と真摯に向き合うことで、自分に自信を持つことができました。
 
 マインドマップが、まず、自分自身を知るきっかけとなり、さらには、
自分の頭の中を整理する素晴らしいツールとして利用でき、行動を加速させることができたのです。

 呼吸法との出会い

  呼吸法との出会いについては、日本マイブレス協会のホームページを参照ください。
http://www.mybreath.jp/presenter/709 へのリンク

講師の想い

 講座を通して、受講者の皆さまに人生を楽しむための気付きを得るツールであることを
感じてもらえると嬉しいと思っています。

・「自分は、どんな生き方をしたいのか?」
・「自分は本当は何が好きなのか?」
・「自分は何が一番楽しいのか?」
・「自分にとっての幸せとは?」

などなど、本当に根本的なところに気がつかせてくれるものとして活かし、
並行して様々なスキルアップのツールとして楽しみながら利用してもらえることが私の願いです。