【気付き#1465】客観性

このエントリーをはてなブックマークに追加

集中力、自制心を高める呼吸法講座
ブレスプレゼントクラス:札幌

札幌7期(次回 3月28日(水))
↓↓↓
http://office-johnny.com/?page_id=6827

※自分のココロを見つめなおしてみませんか?
是非、お気軽に体験参加にお越しください(^^)。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
##理想のあなたへの「気付き」##
メルマガ(無料)登録・解除は、
こちらからどうそ(^^♪
http://www.mag2.com/m/0001630923.html
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今日の気付き#1465

「最近、客観的に観ることを
心掛けたのはどんなことですか?」

♪♪今日中に、この言葉を
誰かに言ってみよう~♪(^^♪♪

渦中にある(居る)と

視野は一方的になり
非常に狭いものに
なりがちであります。

※※※※※※※※※※※※
J’s編集後記(^^)
※※※※※※※※※※※※

いつも、
ありがとうございますm(__)m。
札幌の石坂育仁です。

昨晩のNHKの大河ドラマ『西郷どん』の
渡辺謙さんの演じる島津斉彬の

「観ている世界」が
普通の人と全く違うことに

なんともいえない感動を覚えました。

ほとんど情報が無い中で
世界的な視野にたった客観性、

そして、
日本という国自体を
自らに置き換えてしまっている共感性。

(>>見ていない方、ごめんなさい。
この話は、ここまでです(^^;))

 

さてさて、話は今日の本題に入るのですが
コンサルタントに求められる力として

相手の状況を客観的に
見ることは
良く言われます。が、

相手の立場にたつことが出来る
能力も非常に重要であります。

当たり前のことですが

自分(依頼者)のことを

理解してくれていない人
(コンサルタント)の話を
聴くことは非常に

苦痛だからであります。

全体像をみる客観性

そして
相手の状況に自らを置いて
物事を見る共感性

この二つは、
コンサルタントでなくても

普段、意識することで

世界の見え方が
全く変わる不思議な力であります。

今日は、

「最近、客観的に観ることを
心掛けたのはどんなことですか?」

っという言葉を送らさせていただきます。

★本ブログの、転載・引用は、
ご自由にどうぞ(^O^)/。

【おまけ】

呼吸法もマインドマップの
講座をやっていて

受講者様から

「客観的にものごとを
観る力を感じることが出来た」

っという声を頂くことが
多いですね。

ある意味、
学校で教えてくれない

アタマの使い方の一つであります。

明後日(21日)のマインドマップの講座は
本日、締切とさせて頂きます。

もし、ご興味ある方が
いらっしゃいましたら
メールで結構なので

ご一報頂ければと思います。

ではでは

今日も、あなたの素晴らしい人生の
大切な 一ページです。

今日も楽しんで参りましょ~(^O^)/

~以下は、ご案内です~

─‐☆=─‐★彡─‐☆-★=☆-─★‐─☆=

初心者向けマインドマップ・マスター講座
2018年3月21日(水・祝)10:30~17:30

一年ぶりの開催であります(^^;)

マインドマップの使い方だけでなく
アタマの使い方(考え方)をお伝えする講座です。

ちょっと先になりますが、
思考の整理がしたい方、
これからの人生の計画を
あらためて考えてみたい方、

発想力を高めたい方、などなど

是非、御参加いただければと思います。
↓↓↓↓
http://office-johnny.com/?page_id=6787

★呼吸法の講座の御案内:札幌

全8回の講座で、3ヶ月~6ヶ月を目処に繰返し開講予定です。
(今後、日中や土日の講座も開講を検討してまいります)
どの回からも参加可能で、繰り返し受講しても
常に気付きが生まれる講座になっています。
また、振替等も自由にできる講座ですので、
御都合の合うタイミングに参加をしていただければと思います。
札幌第7期ブレスプレゼントクラス
(次回 3月28日 (水))
場所:札幌エルプラザ
http://office-johnny.com/?page_id=6827

○○○★ー◎※・★◎☆★☆ー※(^^)○○○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>