【気付き#1244】継続のコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

集中力、自制心を高める呼吸法講座

ブレスプレゼントクラス:札幌

札幌6期(次回 8月23日)
http://office-johnny.com/?page_id=5633

※自分のココロを見つめなおしてみませんか?
是非、お気軽に体験参加にお越しください(^^)。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
##理想のあなたへの「気付き」##
メルマガ(無料)登録・解除は、
こちらからどうそ(^^♪
http://www.mag2.com/m/0001630923.html
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今日の気付き#1244

「どんなことを続けたいですか?」

♪♪今日中に、この言葉を
誰かに言ってみよう~♪(^^♪♪
新しいことを始めることも
非常に難しいですが、

それを継続することは
もっと難しいです。

※※※※※※※※※※※※
J’s編集後記(^^)
※※※※※※※※※※※※

いつも、
ありがとうございますm(__)m。
札幌の石坂育仁です。

継続のコツといえば、
真っ先に浮かぶのが、

「毎日やる」であります。

正月も、盆暮れも、
言い訳無しに取組むことであります。
他にも3つありまして、

1つは、途中で継続が途切れても、
そこで諦めずに、

途切れたところから、
再度始めること。

もう1つは、
何かと組み合わせることであります。

ちなみに、
4カ月前のことですが、

このブログを書く前に
私、日記を書くことにしました。

このブログの下書きを書く前に
同じページの冒頭に日記を書くわけです。

私のこれまでの人生において、

日記というものは1か月以上
続いたことが無かったですが、

このブログと組み合わせることで
お陰様で4カ月も
継続することが出来ました。

継続したいことが日記ではなく、
例えば、腕立て伏せであれば、

寝床から起き上がる方法を
腕立て伏せにするといった感じで、

既に継続していることと
組み合わせるわけであります。

そして、最後のコツは、
簡単なことでもOKとする。

例えば、日記であれば
どうしても書けない時は
2~3行の簡単なものでもOKと

自分に許可しておくわけです。
腕立て伏せなら、
1回でもOKといった感じでしょうか。

ハードルを下げることで
たとえ二日酔いで具合が悪くっても
継続できるようにしておくわけです。

だらだら書きましたが、
まとめますと、

継続のコツは

1.毎日やる
2.継続が途切れても、直ぐに始める
3.何かと組み合わせる
4.簡単なことでもOKとする

いきなり全部のコツを
取組むのは
覚えきれないかもしれませんが、

何か一つだけでも意識することが出来れば、
格段に皆様の継続力は上がります。

今日は、

「どんなことを続けたいですか?」

っという言葉を送らさせていただきます。

★感想や、お気づきになりましたこと、
なにかございましたら、
お気軽に一言お願いします。

★本ブログの、転載・引用は、
ご自由にどうぞ(^O^)/。

【おまけ】

昨日は、昔の会社の先輩と飲みに行きまして、
「いつもどおり」飲み過ぎてしまいました。

話している中身は、
毎回、いつもと同じで、

政治と野球と宗教。

良く飽きませんな(^-^;)

まあ、この3つは俗にいう
社会人として3大
話題にしていけない事項でありますが、

お互いに違うということを理解したうえで
話す分には、

こんなに素晴らしい
酒の肴はありません。

ではでは

今日も、あなたの素晴らしい人生の
大切な 一ページです。

今日も楽しんで参りましょ~(^O^)/

~以下は、ご案内です~

─‐☆=─‐★彡─‐☆-★=☆-─★‐─☆=

─‐☆=─‐★彡─‐☆-★=☆-─★‐─☆=

★呼吸法の講座の御案内:札幌

全8回の講座で、3ヶ月~6ヶ月を目処に繰返し開講予定です。
(今後、日中や土日の講座も開講を検討してまいります)
どの回からも参加可能で、繰り返し受講しても
常に気付きが生まれる講座になっています。
また、振替等も自由にできる講座ですので、
御都合の合うタイミングに参加をしていただければと思います。
札幌第6期ブレスプレゼントクラス
(次回 8月23日)
場所:札幌エルプラザ
こちら↓↓↓

http://office-johnny.com/?page_id=5633

○○○★ー◎※・★◎☆★☆ー※(^^)○○○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>